特定商取引法について

https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/

内容:特定商取引法は、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律。 訪問販売、通信販売、電話勧誘販売、連鎖販売取引(ネズミ講)、特定継続的役務提供、業務提供誘引販売取引、訪問購入などが特定商取引法にあたる。

要するに、ずるい商売を取り締まってくれるということ。

特定継続的役務提供にあたるのは、エステティックサロン、語学教室など。

業務提供誘引販売取引に当たるのは、「仕事を提供するので収入が得られる」という口実で消費者を誘引し、仕事に必要であるとして、商品等を売って金銭負担を負わせる取引のこと。

法律を知らないと、自分の身は守れない。

対象者:消費者全員

運営組織:消費者庁 取引対策課

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。