自殺対策について

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201402/2.html

内容:「本気で自殺を考えたことがある」人は5人に1人。自殺につながるサインを見つけてあげましょう。そしてどう接するか、どう対応すればいいかについても学びましょう。電話での相談窓口もあります。

対象者:誰でも

運営組織:内閣府大臣官房政府広報室 <取材協力:厚生労働省 文責:政府広報オンライン>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。